消費者金融に申し込む場合は携帯電話番号を持っていた方がいい

消費者金融に申し込む場合、属性というものを審査されます。たとえば、サラリーマンであれば確実に月給が入るので高評価ですし、フリーランスの場合だと毎月の収入が一定していないので、サラリーマンと比べると審査は不利ということになります。そうした属性の中で、連絡手段が豊富にあるというのも評価されるポイントの一つです。
金融業者が連絡手段として使うのは基本的には電話なので、電話を持っていると当然審査には有利ということになります。たとえば、最近は携帯電話は持っているけど、固定電話は持っていないという人が増えていますが、金融業者からすると、両方持っている人の方が連絡を付けやすいので、両方持っている人への評価を高くする傾向にあります。
なので、もし、固定電話は持っているけど携帯電話は持っていないという場合は、審査を申し込む前に携帯を買って持っておくといいでしょう。既に両方持っているけど、携帯はプライベートでのみ使いたいので、何かあった時に業者から連絡が来るのは困るので、携帯番号は申し込みの書類に書きたくないという場合もあると思います。
この場合は、今使っている携帯とは別に、もう一台、携帯を買うという方法があります。金融業者からすれば、申し込みの書類に書かれた携帯番号が、メインで使っているものなのか、サブで使っているものなのかといった判断は出来ないので、特に問題ないのです。金融業者から電話を受けるだけなら着信専用で構わないので、プリペイド携帯でもいいでしょう。

Author customer Category 融資